YUTOLOG

 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リャンヤン競馬

ケイバを楽しみながら、予想するブログ

スポンサーリンク

福島牝馬ステークス(G3)予想結果と日曜日の馬券勝負

福島牝馬S(G3)の予想結果

 

ウインファビラス 14着
テルナミノル 9着 
クインズミラーグロ 3着
クロコスミア 7着
ハピネスダンサー  12着  
フロンテアクイーン   2着 

 

  例年の福島牝馬Sは荒れるのに、今回は珍しく落ち着きました。

逃げ・先行の前残りになるだろうというレース展開予想も完全に外れ、差し・追い込みが決まる展開になりました。まあこういう事もあると考えて、どんな時でも自分の信念を貫いて日曜日も同じやり方で、予想したいと思います。。

  明日は前から期待していたサトノキングダムが東京9R 1000万以下で出走します。

サトノキングダムは重賞で勝ち負けできる実力はあると思うので、今回はおそらく勝ち負けするだろうと考えてます。

  ということで明日(日曜日)は東京9Rとマイラーズカップ(G2)で馬券勝負します。

よかったら参考にしてみてください。

東京9R1000万下 

f:id:ryanyan:20170422200403j:plain

 

京都11R マイラーズカップ

 

www.tityukaidaietto.net

 

f:id:ryanyan:20170422200421j:plain

2017年4月22日(土)福島牝馬ステークス(G3)最終予想

福島11R 福島牝馬ステークス(G3)

福島1800mのコース分析

f:id:ryanyan:20170417180346j:plain

スタートから最初のコースまで300mしかないのでポジション争いが激しくなります。またゴール手前の直線も300mしかないので追い込みや差し馬には不利なコースで、先行馬が有利になります。

 

馬番なしの予想に入れた馬


ウインファビラス 
テルナミノル 
ギモーヴ 
クインズミラーグロ 
クロコスミア 
ハピネスダンサー  
フロンテアクイーン 
ペイシャフェリス 

 

www.tityukaidaietto.net

 

最終予想の6頭

ウインファビラス (先行)

   前走 東風S 9着。1着のグレーターロンドンより0.5秒差の遅れ。能力があるとは思いませんが、脚質が先行なので前残りで上位に入る可能性があります。

 
テルナミノル (先行)

  前走 阪神牝馬S(G2)5着。瞬発力はないですが、粘り強さがあるので、予想に入れたいと思います。

 


クインズミラーグロ (先行)

   前走  中山牝馬S(G3)3着。G3でも3着に入っているので能力はあると思いますが、他馬と比較して、能力にあまり差はない感じはしますが、脚質が先行なので期待はできます。


クロコスミア (逃げ)

   前走 阪神牝馬S 4着。重馬場の恩恵を受け逃げて4着です。今回も逃げ・先行馬が有利なので、チャンスはあると思います。


ハピネスダンサー (中団)

   前走 中山牝馬S 13着。結果は出ていませんが、去年は重賞で掲示板に入っているので、チャンスがあれば上位にはいる可能性はあります。


フロンテアクイーン (中団)

   前走 中山牝馬S(G3)8着。1着のトーセンビクトリーと0.3秒差です。能力は他馬と同じくらいだと思います。前目のポジションを取ればチャンスはあります。

 

   予想を5頭に絞りたかったのですが、6頭になってしまいました。この6頭の馬連BOXで勝負したいと思います。

ちなみに福島1800mは脚質は逃げ・先行馬有利で、毎年3着以内に内枠(1~6番)の馬が1頭は入っているので、おそらく内枠有利だと思います。

f:id:ryanyan:20170421192021j:plain

 

よかったら参考にしてみてください。

2017年4月23日(日)京都11レース 読売マイラーズカップ(G2)最終予想

G2の競馬予想

京都11R 読売マイラーズカップ(G2)

京都1600m外回りのコース分析

 

f:id:ryanyan:20170417132433j:plain

 

  スタートから最初のコーナーまで約700mもあるのでポジション争いはそれ程厳しくなく、枠に関しても有利・不利はないです。

 但し今回のマイラーズカップ(G2)開幕週で行われるので内枠が有利になり、脚質は開幕週なので若干、先行馬が有利です。

馬番なしの予想に入れた馬


イスラボニータ 
エアスピネル
ダッシングブレイズ 
フィエロ 
ブラックスピネル 
プロディガルサン 
ヤングマンパワー 

 

www.tityukaidaietto.net

 

 

www.tityukaidaietto.net

 

最終予想の5頭

 

エアスピネル

   今年の京都金杯(G3)1着。・去年の菊花賞(G1) 3着・おととしのデイリー2歳ステークス (G2)1着と京都の1600mは相性が非常にいいです。

おそらく京都の平坦なコースが合っているのだと思います。出遅れさえしなければ、今回のマイラーズカップ(G2)では期待できるのではないかと思います。

 

フィエロ

   前走の高松宮記念(G1) 5着。1200mで結果を出すということは能力の高い証拠です。

今年の京都金杯(G3)3着。斤量はエアスピネルより1キロプラスでしたが、今回のマイラーズカップ(G2)では同じ斤量での出走なので、期待できます。

 

ブラックスピネル

  今年の京都金杯(G3)2着。京都と相性がいいです。エアスピネルと同じく平坦なコースが合っているのだと思います。

 

プロディガルサン

  能力はよくわかりませんが、前走の中京のコースのようなタフなコースより、京都のような平坦なコースのほうが合うと思うので期待はできます。

 

ダンシングブレイズ

  脚質は差しですが、前走 洛陽Sを休み明けで勝っているので、もしかしたら能力があるのかもしれないので、予想に入れます。

 

以上の5頭で馬連BOXで勝負したいと思います。イスラボニータヤングマンパワーは不安要素があるので予想から外します。

 

2017年4月23日(日)京都11レース 読売マイラーズカップ(G2)予想(馬番なし)

G2の競馬予想

京都11R 読売マイラーズカップ(G2)

京都1600m外回りのコース分析

f:id:ryanyan:20170417132433j:plain

 

  スタートから最初のコーナーまで約700mもあるのでポジション争いはそれ程厳しくなく、枠に関しても有利・不利はないです。

 但し今回のマイラーズカップ(G2)開幕週で行われるので内枠が有利になり、脚質は開幕週なので若干、先行馬が有利です。

 

(主観的な)能力比較

アクションスター C
イスラボニータ A 
エアスピネル A 
クルーガー A
サンライズメジャー C
シェルビー C
ダッシングブレイズ B
フィエロ A
ブラックスピネル A
プロディガルサン B 
ヤングマンパワー B

 

開幕週の京都1600mに脚質が合う馬


イスラボニータ(先行) 
エアスピネル(先行)    
フィエロ (中団)
ブラックスピネル (先行)
プロディガルサン (中団)
ヤングマンパワー (先行)

 

予想に入れる馬

イスラボニータ


 去年のマイルCS(G1) 2着・おととしのマイルCS(G1)3着と京都コースは相性がいいです。ただ今回は4か月間の休み明けで、しかも年齢が今年で6歳になります。ピークを過ぎた実力馬の休み明けは期待を裏切ることが多いので注意が必要です。

実力はあるので最終予想に入れるかじっくり考えたいと思います。

 

エアスピネル

今年の京都金杯(G3)1着。・去年の菊花賞(G1) 3着・おととしのデイリー2歳ステークス (G2)1着と京都の1600mは相性が非常にいいです。

おそらく京都の平坦なコースが合っているのだと思います。出遅れさえしなければ、今回のマイラーズカップ(G2)では期待できるのではないかと思います。

 

フィエロ

前走の高松宮記念(G1) 5着。1200mで結果を出すということは能力の高い証拠です。

今年の京都金杯(G3)3着。斤量はエアスピネルより1キロプラスでしたが、今回のマイラーズカップ(G2)では同じ斤量での出走なので、期待できます。

 

ブラックスピネル

今年の京都金杯(G3)2着。京都と相性がいいです。エアスピネルと同じく平坦なコースが合っているのだと思います。

 

プロディガルサン

能力はよくわかりませんが、前走の中京のコースのようなタフなコースより、京都のような平坦なコースのほうが合うと思うので期待はできます。

 

ヤングマンパワー

去年のマイルCS(G1)16着。 絶好調での出走で大敗なのが気になります。輸送が苦手なのか。右回りが苦手なのかはわかりませんが、期待するのは危険かもしれません。

 ヤングマンパワーも実力はあるので予想にいれるか、じっくり考えたいと思います。

 

ダンシングブレイズ

  脚質は差しですが、前走 洛陽Sを休み明けで勝っているので、もしかしたら能力があるのかもしれないので、予想に入れます。

 

明日(金曜日)に最終予想として、この7頭から予想を5頭に絞ります。

 

2017年4月22日(土)福島牝馬ステークス(G3)予想(馬番なし)

G3の競馬予想

福原牝馬ステークス(G3)

福島1800mのコース分析

f:id:ryanyan:20170417180346j:plain

スタートから最初のコースまで300mしかないのでポジション争いが激しくなります。またゴール手前の直線も300mしかないので追い込みや差し馬には不利なコースで、先行馬が有利になります。

 

(主観的な)能力比較


ウインファビラス C
ウエスタンレベッカ C
ウキヨノカゼ B
テルナミノル B
ギモーヴ C
クインズミラーグロ B
クロコスミア B
タマノブリュネット C
デンコウアンジュ C
トウカイシェーン D
ハピネスダンサー C
ブリガアルタ D
フロンテアクイーン B
ペイシャフェリス C
リーサルウェポン C
ロッカフラベイビー D

 

福島1800mに脚質が合う馬


ウインファビラス 
ウエスタンレベッカ 
テルナミノル 
ギモーヴ 
クインズミラーグロ 
クロコスミア   
ハピネスダンサー 
フロンテアクイーン 
ペイシャフェリス 

 

    福島1800mは逃げ・先行馬が有利なので、逃げ・先行馬を選びました。

この中から能力が低い馬を外したいと思います。

 

外す馬

ウエスタンレベッカ

条件戦でも3着以内に全く入っていないので外します。

 

 

予想に入れる馬

 
ウインファビラス (先行)

   前走 東風S 9着。1着のグレーターロンドンより0.5秒差の遅れ。能力があるとは思いませんが、脚質が先行なので前残りで上位に入る可能性があります。

 
テルナミノル (先行)

  前走 阪神牝馬S(G2)5着。瞬発力はないですが、粘り強さがあるので、予想に入れたいと思います。


ギモーヴ (先行)

   前走 但馬S(1600万下)5着。レベルは低いですが、前目にポジションを取られたら、前残りで上位に入れるかもしれません。


クインズミラーグロ (先行)

   前走  中山牝馬S(G3)3着。G3でも3着に入っているので能力はあると思いますが、他馬と比較して、能力にあまり差はない感じはしますが、脚質が先行なので期待はできます。


クロコスミア (逃げ)

   前走 阪神牝馬S 4着。重馬場の恩恵を受け逃げて4着です。今回も逃げ・先行馬が有利なので、チャンスはあると思います。


ハピネスダンサー (中団)

   前走 中山牝馬S 13着。結果は出ていませんが、去年は重賞で掲示板に入っているので、チャンスがあれば上位にはいる可能性はあります。


フロンテアクイーン (中団)

   前走 中山牝馬S(G3)8着。1着のトーセンビクトリーと0.3秒差です。能力は他馬と同じくらいだと思います。前目のポジションを取ればチャンスはあります。


ペイシャフェリス (逃げ)

  前走 六甲S 2着。脚質は逃げなので、展開は向きそうなので期待はできます。

 

  以上の8頭から、明日(金曜日)までに、さらに5頭に絞りたいと思います。

また福島牝馬Sは先行馬の人気薄が勝つこともあるので、逃げ・先行馬には注意が必要です。

 

 

2017年4月30日(日)京都11R 天皇賞(春)(G1)出走予定人気馬・コース分析

G1の競馬予想

京都11R天皇賞(春)(G1)3200m

   今年の天皇賞(春)はG1らしい豪華メンバーが出走予定しています。個人的にはキタサンブラックサトノダイヤモンドの勝負を楽しみです。

去年の有馬記念では、サトノ陣営がサトノノブレスを使ってサトノダイヤモンドを勝たせることができましたが、どちらが日本一の馬なのか正々堂々と勝負することを望みます。

 

京都3200mのコース分析

f:id:ryanyan:20170419191700j:plain

    枠は内枠が有利です。しかし外枠だから不利ということでもないです。脚質は追い込みはほとんど決まらず、先行・差しが有利です。

また逃げもかなり厳しく、過去に逃げで勝ったのはイングランディーレビートブラックキタサンブラックのみです。かなりタフなコースなので逃げ切るには並大抵ではない心肺機能が必要になります。

 

出走予定予定人気馬の分析

キタサンブラック

   前走 大阪杯(G1)1着。先行有利なコースではありますが、休み明けでG1を逃げ切るのは並大抵の馬ではできないことです。去年の有馬記念より、さらに成長しているような感じがしました。おそらく今がキタサンブラックのピークで、去年の有馬記念の雪辱を晴らす最高のチャンスです。

 

ゴールドアクター

   前走 日経賞(G2)5着。得意の中山2500mで辛うじて掲示板に載りましたが、正直ピークを過ぎた感じがします。ピークだった去年の天皇賞(春)でも12着なので、今回は厳しいのではないかと思います。

 

サトノダイヤモンド

   前走 阪神大賞典(G2)1着。サトノダイヤモンドに関しても成長していると感じました。やはり能力が他馬と比較しても突出しています。去年の京都で行われた菊花賞(G1)でも圧勝の1着ですし、コース適正はあると思います。

正々堂々キタサンブラックと勝負してどちらが勝つのか、それともダークホースが現れて勝つのか楽しみです。

 

シャケトラ

   前走 日経賞(G2)1着。上がり3ハロン最速の差し切り勝ちと内容のいい勝ち方でした。デビューは非常に遅く、4歳なのにキャリアはまだ1年も経ちません。キャリアが浅くまだ長丁場を経験していないので距離適性があるのかわかりませんが、能力は高いので距離の課題をクリアできれば上位に入れると思います。

 

シュヴァルグラン

  前走 阪神大賞典(G2)2着。サトノダイヤモンドには負けましたが、2着と他馬との能力の違いを感じさせられました。去年の天皇賞(春)でも3着ですし、距離適性は間違いなくあります。あとは去年よりレベルが高くなるので、ジョッキーの力量がポイントになります。

 

レインボーライン

前走 日経賞(G2)4着。休み明けが影響したのかもしれません。去年の菊花賞(G1)2着と長丁場でいい結果を出しているので距離適性は問題ないと思います。あと問題なのは、やはり脚質です。追い込み馬なので届くかどうか気になるところで、デムーロが最終コーナーで前目にポジションを取ることができれば期待はできると思います。

 

2017年4月23日(日)東京11レース フローラステークス(G2)出走予定人気馬・コース分析

G2の競馬予想

フローラステークス(G2)(3歳牝馬限定)

f:id:ryanyan:20170418161233j:plain

東京2000mのコース分析

   スタートしてから最初のコースまで500mあり、ポジション争いは激しくもなく、緩くもなくという感じです。

   このコースは天皇賞秋が行われるコースで有名ですが、レースのレベルが上がれば外枠が不利になります。しかし今回のフローラステークス(G2)は3歳限定の重賞でレベルが低いので、外枠はあまり不利という印象はありません。但し内枠は有利で人気薄の馬でも内枠は上位に入ることがあります。

  脚質は逃げは不利で開幕週でもあるので、追い込み馬も少し不利です。先行馬・差し馬から選ぶことをおすすめします。

 

出走予定人気馬の分析

 

ホウオウパフューム

  前走 寒竹賞 (500万以下)1着。ラストスパートで最後方から追い込んで他馬をあっさり抜き圧勝。但しレースのレベルが低いのが気になる点です。

前々走の東京2000mの未勝利戦 1着。ですが2着の馬はまだ未勝利を勝っていません。

したがって能力があるのか疑問に思います。

 

フローレスマジック

   前走 クイーンS(G3)3着。アエロリットやアドマイヤミヤビには負けましたが、桜花賞馬のレーヌミノルには勝っています。

前々走 アルテミスS(G3)2着。リスグラシューには負けましたがいい勝負をしています。1600mしか走っていませんが、血統的には2000mでも問題ないので期待できるかもしれません。

 

アドマイヤローザ

   前走 エルフィンS 2着。サロニカには負けていますがミリッサには勝っています。瞬発力はないですが、粘り強さがあります。今回は初の輸送と右回りをどう克服するかが課題になります。課題は多いですが、粘り強さを活かせれば期待できるのではないかと思います。

 

タガノアスワド

   前走 つばき賞(500万以下)2着。ファンディーナには負けましたが、持ち前の粘り強さを活かして3着のインウィスバローズには7馬身差をつけています。したがって能力はこのメンバーでも大差はないと思います。

 

レッドミラベル

前走 中山の未勝利戦 1着。大外枠で外を廻されるレースでしたが、ラストスパートではしっかりと伸びての勝利。これだけではレッドミラベルの能力はわかりませんが、展開が向けばチャンスはあると思います。