YUTOLOG

 

Okuribito

株式投資日誌やネットワークビジネスなどを書いています

MENU

中国人と国際結婚の婚姻手続きの手順 2017年版

今年2017年の2月に中国人女性と国際結婚しました。みなさんもお分かりだと思いますが、中国人との国際結婚の婚姻届けの手続きは、いろいろ場所に行って資料を集めないといけないので大変です。

中国人との国際結婚は、初めての事ばかりで大変だったので、このブログを読んで頂ける皆さんのために、中国人との国際結婚の手続きの手順を紹介させていただきます。

中国人と国際結婚の手続き 1【中国での婚姻手続き】

f:id:ryanyan:20180328233930j:plain

1.婚姻要件具備証明書を取得

まず日本で、日本人が取得する場合はお住まいの法務局で取得できます。ただ私はこの方法はオススメできません。なぜかといえば、日本で取得した場合、その証明書を中国語に翻訳しなければいけないからです。


私がオススメするのは中国で取得することです。私は中国にある在上海日本国総領事館で取得しました。ここでは中国語に翻訳してあるのでオススメです。手数料は60元くらいで、できるまで、1時間くらいかかりました。


婚姻具備証明書を取得するのに必要なもの

日本人 1.戸籍謄本
2.パスポート

中国人 1.居民身分証
2.居民戸口簿

中国人の出身地の管轄の大使館.総領事館で必要な書類を、総領事館.大使館に電話で事前にきいたおいてください。あと書類は必ず必要ですので、忘れないようにしたください。

2.中国で婚姻届けを出します。

これは中国人の戸籍所在地で届け出をします。(中国人の配偶者が生まれた場所)

日本人の必要な書類

1.婚姻要件具備証明書
2.パスポート
3.写真(5×3.5センチ)背景赤色(中国にある写真屋さんで撮りますので、中国で写真を撮るといいです)

中国人の必要な書類

1.居民戸口簿
2.居民身分証明

費用は100元くらいで、待ち時間は30分くらいでした。ここからが大変でわたしの妻は安微省出身なのですが、日本での婚姻届に必要な、婚姻公証書と国籍公証書を中国で婚姻届を出したあと、出身地で取得しなければいけませんでした。


1.婚姻公証書 は安微省の省都、合フェイで 2通 取得


費用は和訳をしてもらって600元くらいで、和訳を自分でできるのであれば、自分でしたほうがいいです。理由は値段も安くなるし、できるまでの日数も2.3日でできるからです。必ず和訳者の名前と日付をかくこと。

2.国籍公証書 2通


国籍公証書は合フェイではなく、合フェイから北西に60キロくらいの場所にある公安局で取得しました。和訳も含めて費用は200元で、できるまでの日数は 2.3日かかります。事前に中国人出身地の公安局に電話することをおすすめします。

中国人と国際結婚の手続き 2【日本で婚姻手続き】

f:id:ryanyan:20180328234009j:plain
必要な書類

日本人

1.戸籍謄本

中国人

1.和訳つき婚姻公証書 1通

2.和訳つき国籍公証書 1通

3.パスポートのコピー

日本の役所で必ず事前に必要なものを確認しておくことをおすすめします。
そして最後の手続きが中国人の配偶者ビザを入国管理局で取得します。

必要な書類
中国人

1.写真(4×3) 2枚

2.中国人パスポートコピー(渡航履歴もコピーすること)

3.婚姻証明書

日本人

1.申請書

2.戸籍謄本 日本で登録したあとのもの

3.住民票の写し 世帯全員分

4.住民税の納税証明書と課税証明書

5. 身元保証

6. 二人で写っているスナップ写真2枚

7. 交際を裏付けるメールのコピー

8. 前年の源泉徴収

9. 在職証明書(無職では許可が下りないので就職しなければいけない)


許可が下りるまで2か月くらいかかります。詳しくは入国管理局で確認しておいてください。配偶者ビザ交付されたら、中国人に送付します。


以上 です。必ず事前に各所に電話で確認することをオススメします。



まとめ

1.日本人が婚姻具備証明書を中国の日本大使館又は在総領事館で取得する。

2.婚姻届けを中国で中国人の出生地の公証所に提出する。

3.中国人の婚姻公証書を中国人の出生地の公証所で取得する。

4.中国人の国籍公証書を中国人の出生地の公証所で取得する。

5.日本で婚姻届けを提出する。

6.配偶者ビザをお住まいの入国管理局で取得する。

7.取得した配偶者ビザの書類を中国人の配偶者に送付する。

8.中国人配偶者が中国でビザ申請代理機関でビザ申請の手続きをする。

以上です。

いろいろとやることが多いのですが焦らず、がんばってください。