YUTOLOG

 

2017年4月30日 スイーピーステークス(3歳限定OP)出走予定人気馬・コース分析

スイートピーS(3歳限定OP)

東京1800mのコース分析

f:id:ryanyan:20170426092904j:plain

   東京1800mのコースはちょっと特殊でコースが3つしかありません。しかも第1コーナーはカーブが緩いので、第2コーナーまではほぼ直線で750mです。よってスタートしてからのポジション争いが緩く、スタートが遅い馬でも、実力を発揮できます。

また脚質は逃げ残りは非常に厳しく、先行・差し・追い込みが有利になります。

過去のスイートピーSのレース結果を見ると内枠(馬番1から6)が、ほぼ毎年3着以内に1頭は入っています。

 

出走予定人気馬の分析

 アンネリース

  前走 中山未勝利戦 1着。未勝利戦ですが、瞬発力を活かしての差し切り勝ちです。

また前々走の東京未勝利戦では2着で1着のシーズララバイとはハナ差なので、能力はシーズララバイと同じくらいだと思います。

 

ウインシャトレーヌ

  前々走の東京1800mの新馬戦では、瞬発力を活かしての差し切り勝ちでなかなかいい内容です。

前走も阪神500万以下 3着で、そのレースの2着にはフローラS(G2)2着のヤマカツグレースがいます。能力は多少あるのではないかと思います。

 

シーズララバイ

  前走 フラワーカップ 2着ですが1着のファンディーナに5馬身差で、しかもレースのレベルが低いので、能力はないのではないかと思います。

 

ディアドラ

    前走 桜花賞(G1)6着。上がり3ハロンのタイムはメンバー最速です。今年の桜花賞(G1)は重馬場での開催で、おそらく重馬場を苦にしない馬だと思います。

 前々走もアネモネSで2着と好走していて、大崩れしないのが特徴です。

 

ポールヴァンドール

  前走 中山 500万以下 1着。4コーナーから先頭に立ってから粘っての勝利。

ダートでも好走しているので、パワーとスタミナがあり、粘り強く走ることができるのが特徴です。

 

今回の特別登録馬をみると能力が目立って高い馬はいなく、どの馬も同じくらいの能力なのでチャンスはどの馬もあります。