YUTOLOG

 
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リャンヤン競馬ブログ

たどり着いた単複勝負。守りのリャンヤン競馬ブログ

スポンサーリンク

2017年4月30日(日)京都11R 天皇賞(春)(G1)予想

スポンサーリンク

京都11R天皇賞(春)(G1)3200m

   今年の天皇賞(春)はG1らしい豪華メンバーが出走予定しています。個人的にはキタサンブラックサトノダイヤモンドの勝負を楽しみです。

去年の有馬記念では、サトノ陣営がサトノノブレスを使ってサトノダイヤモンドを勝たせることができましたが、どちらが日本一の馬なのか正々堂々と勝負することを望みます。

 

京都3200mのコース分析

f:id:ryanyan:20170419191700j:plain

    枠は内枠が有利です。しかし外枠だから不利ということでもなく、脚質は追い込みはほとんど決まらず、先行・差しが有利です。

また逃げもかなり厳しく、過去に逃げで勝ったのはイングランディーレビートブラックキタサンブラックのみです。かなりタフなコースなので逃げ切るには並大抵ではない心肺機能が必要になります。

 

(主観的な)能力比較

アドマイヤデウス B
アルバート A 
キタサンブラック S
ゴールドアクター A
サトノダイヤモンド S
シャケトラ A 
シュヴァルグラン A
スピリッツミノル C 
タマモベストプレイ C
ディーマジェスティ B
トーセンバジル B
ファタモルガーナ B
プロレタリアト C 
ヤマカツライデン C
ラブラドライト  C
レインボーライン A
ワンアンドオンリー C

 

予想から外す馬

アドマイヤデウス B  
ゴールドアクター A
スピリッツミノル C
タマモベストプレイ C
ディーマジェスティ B
トーセンバジル B 
ファタモルガーナ B
プロレタリアト C 
ヤマカツライデン C
ラブラドライト C 
ワンアンドオンリー C

今回は能力の低い馬を外しました。

 

予想に残った馬


7 アルバート A 

  前走 ダイヤモンドS(G3)1着。上がり3ハロンのタイムはメンバー最速で、他馬とは桁違いの瞬発力を使っての1着で能力の高さを感じました。

またこの馬は長距離の重賞での勝ちが多く、スタミナが非常にあり、瞬発力も兼ね備えているので、十分にチャンスがあると思います。


3 キタサンブラック S

  前走 大阪杯(G1)1着。先行有利なコースではありますが、休み明けでG1を逃げ切るのは並大抵の馬ではできないことです。去年の有馬記念より、さらに成長しているような感じがしました。おそらく今がキタサンブラックのピークで、しかも内枠での出走、

去年の有馬記念の雪辱を晴らす最高のチャンスだと思います。


15 サトノダイヤモンド S

   前走 阪神大賞典(G2)1着。サトノダイヤモンドに関しても成長していると感じました。やはり能力が他馬と比較しても突出しています。去年の京都で行われた菊花賞(G1)でも圧勝の1着ですし、京都のコース適正はあると思います。

正々堂々キタサンブラックと勝負してどちらが勝つのか、それともダークホースが現れて勝つのか楽しみです。

シャケトラ・アルバートレインボーラインが怖い存在ですが、


1 シャケトラ A

  前走 日経賞(G2)1着。上がり3ハロン最速の差し切り勝ちと内容のいい勝ち方でした。デビューは非常に遅く、4歳なのにキャリアはまだ1年も経ちません。キャリアが浅くまだ長丁場を経験していないので距離適性があるのかわかりませんが、能力は高いので距離の課題をクリアできれば上位に入れると思います。

ダークホースになる可能性の高い馬は、この馬かアルバートレインボーラインだと思います。

 
6 シュヴァルグラン A 

  前走 阪神大賞典(G2)2着。サトノダイヤモンドには負けましたが、2着と他馬との能力の違いを感じさせられました。去年の天皇賞(春)でも3着ですし、距離適性は間違いなくあります。あとは去年よりレベルが高くなるので、ジョッキーの力量がポイントになります。


16 レインボーライン A

  前走 日経賞(G2)4着。休み明けが影響したのかもしれません。去年の菊花賞(G1)2着と長丁場でいい結果を出しているので距離適性は問題ないと思います。あと問題なのは、やはり脚質です。追い込み馬なので届くかどうか気になるところで、デムーロが最終コーナーで前目にポジションを取ることができれば期待はできると思います。

 

今回は以上の6頭の馬連BOXで勝負したいと思います。

 

ちなみにこちらもよかったみてみてください。 

www.tityukaidaietto.net