YUTOLOG

 

福笑 リャンヤンブログ

三十路のおっさんが好きなことを書いています。また競馬予想を週末に書いていて、年間回収率120%を目標に複勝やワイドで勝負しています。

スポンサーリンク

2017年4月29日 青葉賞(G2)東京2400m 最終予想と馬券勝負

スポンサーリンク

青葉賞(G2)(3歳限定)

 

東京2400mのコース分析

f:id:ryanyan:20170424201717j:plain

   スタートしてから最初のコースまで400mと短く、ポジション争いが激しくなりますのでロスの少ない内枠が有利で外枠が不利になります。また脚質は東京なので、逃げ切りは非常に難しく、差し・追い込みが有利になります。

 

(馬番なし)の予想に入れた馬


アドミラブル C 
ダノンキングダム D
トリコロールブルー  C 
ベストアプローチ D 
ポポカテペトル D 
マイネルスフェーン C

 

最終予想に入れる馬

 

10 アドミラブル

  前走 阪神 500万以下 アザレア賞 1着。2着に3馬身差の1着で、なかなか良い瞬発力を持っています。おそらく能力はOPクラスだと思います。ただラストスパートで他馬を追い越すと力を抜くクセがあり厄介ですが、前走ではそのようなクセが見られなかったので直ったのかもしれません。

真面目に走れば勝ち負けはあります。

 

7 マイネルスフェーン

  前走 京成杯(G3)3着。ラストスパートが少し遅かったので伸びきれず3着になりましたが、もう少しゴール手前の直線が長ければ1着になっていたかもしれません。

能力は現在の段階ではわかりませんが、瞬発力勝負になりやすい東京2400mでは有利ではないかと思います。

 

4 ポポカテペトル

   前走 阪神500万以下 ゆきやなぎ賞 1着。2着のエーティーラッセンに2馬身差の快勝です。能力はおそらくマイネルスフェーンと同じくらいだと思います。ちなみに前々走はゴール手前で進路を塞がれる妨害による10着なので参考外です。

 

11 トリコロールブルー

   前走 スプリングステークス(G2)5着。上がり3ハロンはサトノアレスと同じメンバー最速のタイムです。このことからわかるように、瞬発力があり、東京2400mはあうのだと思います。

 

9 ベストアプローチ

   前走 弥生賞(G2)4着。過去のレースで大崩れしていないので、今回のメンバーではチャンスがあるのではないかと思います。

 

以上の5頭の馬連BOXで勝負したいと思います。

よかったら参考にしてみてください。

f:id:ryanyan:20170429105524j:plain