YUTOLOG

 

2017 NHKマイルカップ(G1)最終予想

NHKマイルカップ(G1)

   NHKマイルカップ勝ち馬はのちのクラシックで成績を残し、過去にはダノンシャンティグランプリボスカレンブラックヒルミッキーアイルなどがのちのクラシックで活躍していて、ここがクラシックへの登竜門になります。

 

NHKマイルカップ(G1)過去10年の優勝馬

2007年 東京 1600m ピンクカメオ 牝3 1:34.3 内田博幸 

 

2008年東京 1600m ディープスカイ 牡3 1:34.2 四位洋文 

 

2009年 東京 1600m ジョーカプチーノ 牡3 1:32.4 藤岡康太

 

2010年東京 1600m ダノンシャンティ 牡3 1:31.4 安藤勝己 

 

2011年東京 1600m グランプリボス 牡3 1:32.2 C.ウィリアムズ

 

2012年東京 1600m カレンブラックヒル 牡3 1:34.5 秋山真一郎 

 

2013年東京 1600m マイネルホウオウ 牡3 1:32.7 柴田大知 

 

2014年東京 1600m ミッキーアイル 牡3 1:33.2 浜中俊

 

2015年 東京 1600m クラリティスカイ 牡3 1:33.5 横山典弘

 

2016年東京 1600m メジャーエンブレム 牝3 1:32.8 C.ルメール

 

レースレコード - 1:31.4 ダノンシャンティ

 

 スポンサーリンク

東京1600mのコース分析

f:id:ryanyan:20170430101316j:plain

  コーナーは3つあり、スタートしてから最初のコーナーまで550mと長いためポジション争いは、さほど激しくないです。

また1600mの割にはスタミナが必要なコースになり、枠に関しては内枠・外枠の有利・不利は特にありません。

脚質は逃げ切りは非常に厳しく、先行・差し・追い込みが決まりやすいです

 

 NHKマイルカップの過去10年の馬番


1番 (1-2-1-6)
2番 (0-1-0-9)
3番 (1-1-1-7)
4番 (0-0-1-9)
5番 (0-2-0-8)
6番 (1-0-1-8)
7番 (0-0-0-10)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-0-2-7)
10番(0-1-1-8)
11番(0-0-0-10)
12番(1-0-0-9)
13番(3-2-0-5)
14番(1-0-1-8)
15番(0-0-1-9)
16番(1-0-0-9)
17番(0-1-0-9)
18番(0-0-1-9)

NHKマイルカップの過去10年の出走馬の脚質


逃げ(0-0-0-10)
先行(3-4-2-26)
差し(4-4-6-73)
追込(3-2-2-41)

 

出走予定馬の(主観的な)能力比較

アウトライアーズ 57.0  B

アエロリット 55.0 B

オールザゴー 57.0 D

カラクレナイ 55.0 B

ガンサリュート 57.0 C

キョウヘイ 57.0 C

ジョーストリクトリ 57.0 D

タイセイスターリー 57.0 D

タイムトリップ 57.0 D

ディバインコード 57.0 D

ナイトバナレット 57.0 E

プラチナヴォイス 57.0 D

ボンセルヴィーソ 57.0 C

ミスエルテ 55.0 D

モンドキャンノ 57.0 B

リエノテソーロ 55.0 D

レッドアンシェル 57.0 D

 

※ランクの基準

Sランク  G1で複数勝利できるレベル

Aランク  G1で勝ち負けできるレベル

Bランク G2・G3で勝ち負けできるレベル

Cランク OP特別で勝ち負けできるレベル

Dランク 1600万以下で勝ち負けできるレベル

Eランク 1000万以下で勝ち負けできるレベル

 

予想に入れる馬

1 モンドキャンノ

   前走 スプリングステークス 10着。モンドキャンノは掛かる馬なので能力をなかなか発揮できずにいます。ただ今回は最内枠での出走なので前に壁ができ、うまく折り合えるのではないかと思い、予想に入れました。

血統的には1200mが合っていると思うのですが、能力が高いのでチャンスはあると思います。

3 アウトライアーズ

   前走 皐月賞(G1)12着。今年の皐月賞は1:57.8と超ハイペースで、差しが全く決まらずに前にいた馬がそのまま上位に入る展開になり、アウトライアーズにはかなり不利な展開でした。また皐月賞の2000mはアウトライアーズのとっては距離が少し長いうえに超ハイペースとかなりスタミナを有するので、参戦外のレースになります。

能力はあるし、距離の短縮がプラスに働くので、期待できると思います。

 

8 タイムトリップ

  前走 ニュージーランドトロフィー 5着。上がり3ハロンのタイムは最速。前々走の東京OP クロッカスS 1着。上がり3ハロン最速。いい瞬発力があるので、東京は合うと思います。

10 ディバインコード

   7戦全て連対していて安定感が抜群でデビューから体重が30キロも増え、成長が著しいので予想に入れました。

 

15 レッドアンシェル

  前走 アーリントンC 2着。上がり3ハロンのタイム2番目の速さ。いい瞬発力があり、東京の直線が長いコースは合うと思い、予想に入れました。

 

16 アエロリエット

   前走 桜花賞(G1)5着。3歳牝馬は輸送がうまくいかないことが多く、結果がでないことが多いので、桜花賞(G1)では期待はしていなかったのですが、5着と結果をだしたので、能力があるのではないかと思います。今回はホームでの出走で、力を発揮できるのではないかと期待はします。

 

  最後まで購読していただきまして、ありがとうございます。

日曜日は以上の6頭の馬連BOXで勝負します。

よかった参考にしてみてください。

 

f:id:ryanyan:20170506125248j:plain