YUTOLOG

 

2017年 オークス(G1)出走予定人気馬・コース分析

オークス(G1) 過去5年の3連単

2016年 3連単 5790 1着 シンハライト

2015年 3連単 20150 1着 ミッキークイーン

2014年 3連単 12850 1着 ヌーヴォレコルト

2013年 3連単 150480 1着 メイショウマンボ

2012年3連単 30610 1着 ジェンティルドンナ

 

オークス(G1)人気別 連対

1番人気(3.3.1.3)3着以内70%

2番人気(1.3.1.5)3着以内50%

3番人気(2.0.1.7)3着以内33%

4番人気(1.0.1.8)3着以内20%

5番人気(1.2.2.5)3着以内50%

6~9番人気(2.1.4.33)3着以内17.5%

10~18番人気(0.1.0.88)3着以内1.1%

 

過去10年で10人気以下の馬は3着以内に1回しか来ていないので、

今回は消しでいいかもしれません。

 

こちらは2016年 重賞 人気馬の連対率です。

 

www.tityukaidaietto.net

 

 

スポンサーリンク

出走予定馬

アドマイヤミヤビ 55.0

アドマイヤローザ 55.0

アルメリアブルーム 55.0

アンネリース 55.0

リビアンゴールド 55.0

ソウルスターリング 55.0

ディアドラ 55.0

ディーパワンサ 55.0

ハローユニコーン 55.0

ブラックオニキス 55.0

ブラックスビーチ 55.0

ブルークランズ 55.0

フローレスマジック 55.0

ホウオウパフューム 55.0

マナローラ 55.0

ミスパンテール 55.0

ムーンザムーン 55.0

モズカッチャン 55.0

モーヴサファイア 55.0

ヤマカツグレース 55.0

リスグラシュー 55.0

レッドコルディス 55.0

レーヌミノル 55.0

 

東京2400mのコース分析

f:id:ryanyan:20170514234110j:plain

 

  日本を代表するジャパンカップ・ダービー・オークスが行われるコースです。

コースは全てで4つありスタートしてから最初のコーナーまで400mと短く、ポジション争いが激しくなります。そのため内枠が有利になり、外枠が少し不利になります。

脚質は逃げ残りは非常に厳しくなり、先行・差し馬が有利です。

 

出走予定人気馬の分析

アドマイヤミヤビ

   前走 桜花賞(G1)12着。桜花賞は重馬場での開催で実力を発揮できずアドマイヤミヤビにとっては不甲斐ない結果でした。

アドマイヤミヤビは前々走のクイーンCで1着になっていて実力を証明していて、2着にはNHKマイルカップ1着馬のアエロリエットがいます。

オークスでは主役になるのではないかと思います。

 

リスグラシュー

  前走 桜花賞 2着。重馬場での開催でしたが、荒れた馬場をものともせず末脚を活かしての2着。過去6戦全て連対していて、抜群の安定感があります。

東京コースもアルテミスSで勝っているので問題はなさそうで、あとは距離が合うかどうかだけです。

 

ソウルスターリング

  前走 桜花賞 3着。やはり重馬場が響いたのかもしれません。実力は間違いなくクラシックで通用するレベルだと思います。

ただソウルスターリングはマイルがベストの距離なので、2400mはすこし長い気がします。そこをすこし割り引いて考えたほうがいいかもしれません。

 

レーヌミノル

  前走 桜花賞(G1)1着。レーヌミノルは逃げ馬で、重馬場の恩恵を1番受けることができました。レーヌミノルはどんなコースでも粘り強く大崩れをしません。オークスでは1着はないかもしれませんが、大崩れはしないので期待します。

 

ミスパンテール

  前走 桜花賞(G1)16着。このレースだけで、ミスパンテールの実力を判断することはできません。前々走 チューリップ賞 2着でリスグラシューに勝っているので、距離を克服できればやってくれるかもしれません。

 

最後まで購読ありがとうございます。

週末に単複の予想をするので、よかったらみてください。

 

こちらもどうぞ

 

www.tityukaidaietto.net