YUTOLOG

 

Okuribito

株式投資日誌やネットワークビジネスなどを書いています

MENU

スタート電気の会員が勧誘する電気料金と評判・報酬プランまとめてみた。

現在、電力小売事業として経済産業省に登録している事業者447社。 登録していない事業者を含めれば約1000社もあり、スタート電気も同じく電力小売事業として2017年から新規参入しました。

スタート電気はアスカクリエイトの新規事業としてネットワークビジネスに参入したわけですが、新規事業なのこともあってネットワークビジネスや電力小売では手探り状態です。 

 

f:id:ryanyan:20180311224015j:plain

スタート電気プロジェクトのアスカクリエイト

昭和60年3月 創業

代表取締役社長 満汐 芳治

資本金 1600万

業務内容 ウェブのシステム開発や販売

売上1億6000万

スタート電気プロジェクトの情報

 

www.flower-power.co.jp

www.fukushima-d.co.jp

スタート電気はフラワー電力の代理店として2017年9月から電気小売事業参入。また、フラワー電力は福島電力の代理店なのでスタート電気は福島電力の2次代理店になります。

 

ちなみに福島電力は電力小売り事業会社で電力は発電していません。福島電力についてネットで調べたら最近トラブルが多いみたいで「電話が全く繋がらない・電気料金の請求書が来ない」といった感じのトラブルみたいです。

スタート電気の電気料金

スタート電気プロジェクト

電力小売会社の2次代理店のなるので電気料金はあまり安くならないのではないかと思う方もいると思います。どれほど安くなるのか試しに電気料金のシュミレーションで調べてみます。

 

 [2018年3月のシュミレーション]

東京電力従量電灯B 30A 100kwh

f:id:ryanyan:20180306172545j:plain

200kwh

f:id:ryanyan:20180306172603j:plain

300kwh

f:id:ryanyan:20180306172617j:plain

400kwh

f:id:ryanyan:20180306172640j:plain

300kwh~お得になるプランみたいです。電気をあまり使わない家庭やオール電化の家庭は損します。

ちなみに申し込みは郵送でも可能で電気料金利用明細書は有料で請求できます。解約金もかかりません。

スタート電気の代理店 費用

f:id:ryanyan:20180311225331j:plain

  • 入会金 3万円
  • 月額費用 不明

スタート電気の情報が少ないのでわかる範囲で説明します。

まず入会金 3万円。 月額料はいくらなのかわからないのですが、ライバル会社のACNは年間 1万2000円でアンビットエナジーは月額2500円なので月額料金が無料ということはないと思います。

 

月額料金が無料なら代理店をやめる人がいなくなるので、代理店みんなが儲かってしまって会社として損失を出してしまいます。

気になる報酬プラン

代理店紹介ボーナス

  1. じかに1人紹介につき1万円
  2. レベルマッチボーナス
  3. キャンペーン紹介ボーナス

1人直接紹介すると1万円もらえます。  レベルマッチボーナスは例えば、あなたが直接2人紹介すると1万円とは別に5000円プラスもらえます。(1回限り)

次にあなたが紹介した人(1段目)が、さらに2人(2段目)紹介するとあなたも5000円もらえます。ただし1段で1回限りしかもらえません。3段目になればプラス5000円もらえます。(トライアル形成)

 

キャンペーン紹介ボーナスは、あなたが2人紹介して、紹介した1人が2人紹介するとあなたはプラス2万円もらえます。

つまりあなた(1人) 1段目に(2人) 2段目に(2人)合計5代理店。以後5代理店形成ごとにあなたは2万円もらえます。(台形形成)

 

顧客の電力使用料による継続的収入(Aプラン)

  [※10人の顧客【電気料金を1人1万円】と直に3人の代理店の計算です。]

まず、あなたが10人の顧客を作ると月に250円もらえます。

次に、あなたの下に3人の代理店(レベル1)で30人の顧客。月に750円になります。

 

つまり、あなたの10人の顧客の報酬250円とレベル1の代理店30人の顧客の報酬750円を合わせて、あなたは合計1000円もらえます。これがレベル7まで到達すると合計月々51万2千円になります。

 

どうですか?簡単そうにみえませんか?

しかし、これが難しいんです。月々の会費がかからないのであれば、それほど難しくないとおもいます。しかしACNもアンビットエナジーも月額使用料を設けてます。

 

月額使用料を設けることによって代理店を辞めさせて残った顧客を獲得するということです。

つまり経営者にとってネットワークビジネスは人件費をかけずに顧客を手に入れるためのシステムなんです。

ネットワークビジネスはねずみ講?

f:id:ryanyan:20180311225644j:plain

スタート電気のようなものをネットワークビジネスと言います。

(別名マルチ商法)ネットワークビジネスはねずみ講ではありません。簡単に説明するとねずみ講は、商品や権利収入も扱わなくてお金だけを目的としたもので、ネットワークビジネス(マルチ商法)は、商品や権利収入を扱うものです。

 

ネットワークビジネスはねずみ講ではないけど世間体はあまりよくないです。「しつこく勧誘された」とか「断ったら逆ギレされた」とか嫌な経験をされた方が多いみたいです。

スタート電気の評判

ネットで色々調べてみると評判は賛否両論です。「電気代が安くなった」とか「マルチ商法は儲からない」とか「友人からスタート電気の勧誘を受けた。断るの憂鬱」とか色々なコメントがありました。

最後に

スタート電気はACNやアンビットエナジーと違って、今から本格的な活動を開始するので、もし代理店をやりたいのであれば、地道に知人を勧誘するのではなく、セミナーの講師をすることをおすすめします。